健康ドリンクの誤った飲み方

年齢を重ねると消化器官の衰えや肌の老化が気になり始め、アンチエイジングを意識するようになります。体と心の若返りを目指して健康ドリンクを飲んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?体に必要な有効成分をたっぷり含んだ健康ドリンクでも誤った飲み方をすると飲む意味がなくなってしまうので、正しい飲み方を覚えておきましょう。
誤った飲み方の例をいくつかご紹介します。

原料を確認する

体に良いと言われる有効成分以外にも、味を整えるためにぶどう糖などの糖質が過剰に含まれていたり、人工甘味料や香料、保存料、PH調整剤などの添加物が過剰に含まれている場合があります。また、原料に遺伝子組み換え食品が含まれているかいないかで体内での働きに差が出る、または負担が大きくなる場合もあるので、原料を確認することはとても重要です。

適量より少な過ぎる

酵素ドリンクは、体内で消化や排泄、代謝の働きをする体内酵素の栄養となります。体内酵素が足りなくなると毒素の排出が追いつかず、腸に悪玉菌が増え免疫力が低下します。また、悪玉菌が増えると体に良い食品を取り入れても腐敗させる力が強くなります。便通が悪い時は、悪玉菌が善玉菌より多くなっている時です。そんな時は、しっかり飲んでデトックスしましょう。

料理に混ぜる

味にクセがある健康ドリンクは、水や炭酸水を好みの量で薄めて飲む方法がとても良いです。しかし、料理に混ぜるという方法はおすすめできません。加熱調理しても栄養が変化しない健康ドリンクであれば料理に混ぜても問題ないのですが、熱に弱い酵素は料理に混ぜて加熱調理すると酵素が壊れてしまいます。たくさんの水分と一緒に摂取することで吸収が高まる酵素ドリンクは、水やぬるま湯で割って飲むようにしてください。

タイのハーモニーライフインターナショナル社の日本総代理店であるナチュラルオーガニクス社では、オーガニック栽培の野菜や果物を使った高級酵素ドリンクを販売しております。酵素ドリンクを飲む際は、上記の情報を参考にしながら正しい飲み方でお飲みください。